留置場で勾留中の59歳男死亡、15分前に生存確認 仙台

仙台北署は20日、署の留置場で逮捕後に勾留中だった男(59)=仙台市青葉区=が死亡したと発表した。外傷や体調不良の訴えはなく、死因を調べている。

署によると、同日午前9時20分ごろ、署員が留置場を巡回中、居室の布団にあおむけで横たわり、息をしていない容疑者に気付いた。約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。午前9時5分に声をかけた際には返答があったという。

会員限定記事会員サービス詳細