台風14号、九州北上 暴風と大雨に最大級警戒

台風14号の強風で、熊本市内の国道をふさぐ倒木=18日夜
台風14号の強風で、熊本市内の国道をふさぐ倒木=18日夜

大型で強い台風14号は19日、九州のほぼ全域と中国、四国の一部を暴風域に巻き込みながら北上して福岡県に達した。気象庁は猛烈な風や高波、土砂災害に最大級の警戒を呼びかけており、河川の増水や氾濫の恐れも高まっている。20日ごろにかけて本州付近を北東に進み、広範囲で影響が出る可能性がある。

気象庁は、宮崎県に最高の警戒レベル5に当たる大雨特別警報を、鹿児島県には暴風、波浪の特別警報を出している。九州以外も広く大雨となり、20日にかけて中国、四国、近畿、東海で線状降水帯が発生する恐れがある。

台風14号は19日午前6時現在、福岡県飯塚市付近を時速約15キロで北へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の北東側260キロ以内と南西側185キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

19日午前0時の観測で「大型で非常に強い台風」から「大型で強い台風」に変わった。

会員限定記事会員サービス詳細