中国、バイデン氏の台湾防衛発言に反発 「重要な約束に違反」

中国外務省の毛寧報道官(共同)
中国外務省の毛寧報道官(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の毛寧(もうねい)報道官は19日の記者会見で、バイデン米大統領の台湾防衛に関する発言に対し、「米国は『台湾独立』を支持しないという重要な約束に深刻に違反し、『台湾独立』分裂勢力に重大な誤った信号を発する」と反発した。「強烈な不満と断固とした反対」を表明し、米側に既に厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。

毛氏は、台湾問題に関して「平和統一」を前提としつつ「いかなる国家分裂の活動も容認せず、一切の必要な措置をとる選択肢を用意している」と強調した。

バイデン氏、台湾防衛の意思 再三明言 関与の強化明確に

会員限定記事会員サービス詳細