19歳尾関がツアー初V 女子ゴルフ最終日

最終日 9H ハーフ終了で11アンダー首位の尾関彩美悠=新南愛知CC美浜C(撮影・中島信生)
最終日 9H ハーフ終了で11アンダー首位の尾関彩美悠=新南愛知CC美浜C(撮影・中島信生)

女子ゴルフの住友生命レディース東海クラシック最終日は18日、愛知県新南愛知CC(6502ヤード、パー72)で行われ、首位で出た19歳のルーキー、尾関彩(あ)美(み)悠(ゆ)が5バーディー、3ボギーの70で回り、通算13アンダーの203でツアー初優勝を果たした。優勝賞金は1800万円。吉田優利が1打差の2位だった。

前週の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯の川崎春花に続く19歳新人の初優勝となった。

後藤未有は69と伸ばし、通算10アンダーの3位に上げた。有村智恵と永井花奈が9アンダーの4位、山下美(み)夢(ゆ)有(う)、林菜乃子、川岸史果が8アンダーの6位だった。競技は悪天候で約2時間の中断を挟んだ。

会員限定記事会員サービス詳細