英女王、19日国葬 第二次大戦以降「最大規模の式典」に

英議会議事堂のホールに安置されたエリザベス女王のひつぎを弔問する市民ら=17日、ロンドン(AP=共同)
英議会議事堂のホールに安置されたエリザベス女王のひつぎを弔問する市民ら=17日、ロンドン(AP=共同)

【ロンドン=板東和正】8日に96歳で死去したエリザベス英女王の国葬が19日、ロンドン中心部のウェストミンスター寺院で執り行われる。国葬には約500人の各国元首らが参列する見込みで、第二次大戦以降、英国で開催される「最大規模」(英BBC放送)の式典となりそうだ。ロンドン警視庁はテロなど不測の事態が起きないよう厳戒態勢で警備に臨む。

国葬はウェストミンスター寺院で19日午前11時(日本時間同日午後7時)から約1時間営まれる。葬儀後、ひつぎをロンドン郊外のウィンザー城に運び、城内の聖ジョージ礼拝堂の一角に埋葬される。国葬当日はロンドン史上最大の警備態勢が敷かれる方針で、英メディアによると、1万人以上の警察官が配置される。

国葬には天皇、皇后両陛下やバイデン米大統領を含め世界から約500人の元首や首脳らが参列すると見込まれている。天皇、皇后両陛下は17日、英国に到着された。

新国王チャールズ3世(73)は18日夜、バッキンガム宮殿に各国元首らを招いてレセプションを開く予定で、チャールズ3世にとって本格的な外交デビューの場となる。

今月首相に就任したトラス氏も、国葬に合わせて訪英する各国首脳と対面で会談する。18日にはポーランドのドゥダ大統領やカナダのトルドー首相らと会談予定。英首相官邸によると、バイデン氏との会談も同日予定されていたが、21日に米ニューヨークで行われることになった。

一方、女王のひつぎが安置されている英議会議事堂ホールで14日から始まった一般弔問は、国葬当日の早朝まで続く。女王との最後の別れを望む人々で長蛇の列ができており、英メディアによると、待ち時間は一時20時間を超えた。

会員限定記事会員サービス詳細