新しいマツダを実感出来る6気筒SUV 新型CX-60試乗記

マツダの新しいミドルクラスSUV「CX-60」の6気筒ディーゼルモデルに小川フミオが試乗した。

別ブランドのクルマのよう

近年のマツダといえば、「CX-8」などといったクオリティの高いSUVづくりで人気だ。1990年代の5チャンネル化失敗に伴う低迷期から、見事に復活した。

CX-8よりも、さらに上質なモデルを欲しい人向けとも言うべきモデルが、2022年9月に発売予定されている「CX-60 e-SKYACTIV D(イースカイアクティブ・ディー)」だ。

自動車好きなら「待っていました!」と、言いたくなる、CX-60だ。マツダ言うところの“ラージ商品群”の第1弾として登場した。全長4740mmのボディに、2870mmのホイールベースの組合せはBMW「X3」やメルセデス・ベンツ「GLC」などに近しい。

前席は言うにおよばず、後席も空間的余裕がたっぷりある。これまでのマツダ車と一線を画すように縦基調のデザインとなったフロントマスクは新鮮だし、内装は素材も仕上げも従来と比べクオリティが高まった。より上級のマーケットを狙うというだけあって、力が入っている。マツダのクルマというより、別ブランドのクルマのよう……かつてのユーノスを彷彿とさせる立ち位置だ。

しかも今回乗ったCX-60 e-SKYACTIV Dは、新開発の3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボ・エンジンに全輪駆動を組合せる。さらにマイルド・ハイブリッド・システム「M HYBRID BOOST (48V マイルドハイブリッド)」が搭載されている。8段オートマチック変速機は自社開発で、トルクコンバーターを使わない珍しいタイプ。技術的に凝りに凝ったモデルなのだ。

しかもイマドキ珍しいマルチシリンダーだ。BMWやメルセデスだってメインは4気筒になりつつある。普通、コストや環境面を考えると「6気筒はムダでは?」と、思う人は多いだろう。それでもマツダが6気筒を選んだのにはしっかりとした理由があるのだ。

かけ心地のいいシートに身を落ち着けてBOSEのオーディオを楽しんでいればそれでいいのだけれど、張りのある面で構成されたボディの中身(上に書いた内容)を知れば、オーナーとして嬉しくなるではないか!

6気筒を選んだ意味

直列6気筒エンジンは、回転バランスのよさで、自動車好きの憧れだ。メルセデス・ベンツやBMW、ランドローバーも、素晴らしい直列6気筒エンジンを持っている。“シュンシュン”と気持ちよく高回転まで回るさまは、ガソリンでもディーゼルでも、言いようがないほど気持がいいものだ。

ただし、以前はあらゆるモデルに搭載されていた6気筒も、今では一部の高性能モデルと高級車に限られてしまった。たとえば、BMWのX3もBMW M社が手掛けた「M40i」と「M40d」、そして「X3 M」のみが6気筒で、あとはすべて4気筒。かつては高級車の証ともいうべき存在だった6気筒も、技術進化や環境面への配慮によって4気筒にとって変わられてしまったのだ。

会員限定記事会員サービス詳細