現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月17日

2002年9月17日、平壌での日朝首脳会談を前に北朝鮮の金正日総書記(右)と握手する小泉純一郎首相(当時)
2002年9月17日、平壌での日朝首脳会談を前に北朝鮮の金正日総書記(右)と握手する小泉純一郎首相(当時)

小泉純一郎首相(当時)の初訪朝から17日で丸20年となった。官房副長官として同行した安倍晋三元首相は10年後の平成24年9月、小紙のインタビューでこの時の反省点を語っている。「訪朝に至る経緯で秘密外交になり、(政府全体の)総力戦といえる状況ではなかったことだ」

▼安倍氏自身、拉致問題への言及がない日朝平壌宣言の条文を初めて見せられたのは訪朝当日、平壌へと向かう政府専用機の中でのことだった。拉致問題に誰より詳しい安倍氏は、日朝国交正常化に前のめりな政府内で外されていたのである。この拉致問題軽視が、後に政府の迷走を生む。

▼日本の唯一の同盟国である米国も部外者扱いされた。小泉氏が来日中のアーミテージ国務副長官に日朝首脳会談開催を伝えたのは、会談まで3週間に迫った8月27日のことだった。同盟国にも秘密裏に、核開発を続ける北朝鮮と裏交渉を進めたのだから、米国の小泉政権への不信感は高まっていく。

ランキング

  1. 【阿比留瑠比の極言御免】ブーメラン政党でいいのか

  2. 【産経抄】10月6日

  3. 【主張】めぐみさん58歳 悲しい誕生日に終わりを

  4. 【正論】英王室の神と日本皇室の神々 東京大学名誉教授・平川祐弘

  5. 【主張】入国制限の撤廃 訪日客拡大で景気刺激を

  6. 【西論プラス】東京五輪を汚した「レジェンド」、次の異名は 大阪編集長 宇田川尊志

  7. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行<5>SDGsは親の仇(かたき)でござる

  8. 【産経抄】10月5日

  9. 【iRONNA発】熊本地震 阿蘇山「破局噴火」はいつ起こるか? 神戸大海洋底探査センター長・巽好幸

  10. 【浪速風】「慣れ」は恐ろしい

会員限定記事