天皇の国事行為、秋篠宮さまに初の委任 両陛下の英国ご訪問で

エリザベス女王の国葬に参列するため、英国に出発する天皇、皇后両陛下と見送られる秋篠宮ご夫妻=17日午前、東京・羽田空港(飯田英男撮影)
エリザベス女王の国葬に参列するため、英国に出発する天皇、皇后両陛下と見送られる秋篠宮ご夫妻=17日午前、東京・羽田空港(飯田英男撮影)

17日から4日間にわたる天皇、皇后両陛下の英国ご訪問期間中、天皇陛下の「国事行為」は、臨時代行を委任された秋篠宮さまが担われることになる。宮内庁によると、秋篠宮さまが国事行為の臨時代行に臨まれるのは初めて。陛下は代替わり前、上皇さまの海外ご訪問などの機会に臨時代行を務められてきた。

国事行為は憲法に基づき、天皇が「内閣の助言と承認」によって国民のために行う行為。内閣総理大臣や最高裁判所長官の任命、法律の公布など多岐にわたり、陛下は日々、関連する閣議決定の書類への署名・押印や、宮殿での行事に臨まれている。

臨時代行は、憲法と「国事行為の臨時代行に関する法律」に基づき、天皇の海外訪問や「精神・身体の疾患か事故」の場合に可能となる。陛下は昭和天皇が入院中だった昭和62年10月、上皇ご夫妻の米国ご訪問に際して初めて委任を受け、皇太子時代にも、上皇さまの海外訪問やご入院で臨時代行を務められてきた。

国事行為の臨時代行ではないものの、秋篠宮さまも平成23年11月、上皇さまのご入院と陛下の地方ご訪問が重なった折に、上皇さまに代わり、勲章受章者や海外要人との面会に臨まれている。代替わりで皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)となって以降では昨年、陛下の「名代」として東京五輪・パラリンピックの閉会式に臨席されている。

17日、英国へ向かう政府専用機に乗り込む際、陛下は秋篠宮さまとにこやかに言葉を交わされ、秋篠宮さまは頭を下げて見送られた。今回の陛下のご訪英中には、定例の閣議に伴う執務などを秋篠宮さまが代行される可能性が想定されている。

会員限定記事会員サービス詳細