佐賀の私立中高一貫校でいじめ 第三者委が認定

佐賀県基山町の中高一貫校の私立東明館中学・高校で、生徒がたたかれたり、からかわれたりする行為があり、学校設置の第三者委員会がいじめと認定したことが16日、学校側への取材で分かった。生徒にけがはないという。学校側は生徒の保護者の意向などを理由に、性別や学年、いじめの時期などの詳細を明らかにしていない。

学校側によると、生徒側の申し立てを受け、昨年8月、弁護士や臨床心理士で構成する第三者委を設置。第三者委は教職員らに聞き取りをするなどし、今年2月、いじめを認定する報告書を学校側に提出した。

いじめ防止対策推進法は、いじめにより生徒や児童に重大な被害や長期間欠席する疑いがある場合は、学校が組織を設け、調査することを定めている。

会員限定記事会員サービス詳細