現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月16日

医療用語の一つであるプラセボ(placebo)を日本語に訳すと偽薬になる。もっとも、否定的なニュアンスに違和感を覚える人がいる。薬やワクチンの開発に欠かせないからだ。

▼たとえば厚生労働省のホームページには、ファイザー社の新型コロナワクチンの臨床試験についてこんな記述がある。「ワクチンを接種する人とプラセボ(生理食塩水)を接種する人に分け…新型コロナウイルス感染症の発症がどの程度抑制されるか比較されました」。その結果、十分な有効率が確認されたというわけだ。

▼新型コロナワクチンの接種希望者に生理食塩水を注射していた。東京都北区のクリニックの院長(51)にこんな疑いが浮上している。もし事実なら、文字通り偽薬の投与である。医師として許される行為ではない。

ランキング

  1. 【緯度経度】香港を震撼させた「国歌」演奏 藤本欣也

  2. 【主張】冬の節電要請 供給力の整備こそ急務だ

  3. 【産経抄】11月27日

  4. 【正論】心打った日本人の英語スピーチ 東京大学名誉教授・平川祐弘

  5. 【直球&曲球】野口健 エコ・テロリズム 「自分の正義」を振りかざしてないか

  6. 【北京春秋】大学生に流行る「集団四つんばい」

  7. 【阿比留瑠比の極言御免】原発事故で情報操作 菅直人官邸の明るみに出た実態

  8. 【政界十六夜】野田氏に任せてよかった追悼演説 石井聡

  9. 【産経抄】8月6日

  10. 【西論プラス】東京五輪を汚した「レジェンド」、次の異名は 大阪編集長 宇田川尊志

会員限定記事