現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

平壌宣言20年に思う拉致の戦い モラロジー道徳教育財団 教授・麗澤大学客員教授 西岡力

トランプ大統領(右端)と面会する横田めぐみさんの母、早紀江さん(手前左から2人目)ら拉致被害者家族。右から2人目は安倍首相=2019年5月27日、東京・元赤坂の迎賓館(安倍氏のツイッターより)
トランプ大統領(右端)と面会する横田めぐみさんの母、早紀江さん(手前左から2人目)ら拉致被害者家族。右から2人目は安倍首相=2019年5月27日、東京・元赤坂の迎賓館(安倍氏のツイッターより)

平成14(2002)年の小泉純一郎首相の訪朝から20年が経(た)つ。いまだに北朝鮮に拉致されている横田めぐみさんをはじめとする多数の拉致被害者を助けることができていない。本当に申し訳なく慚愧(ざんき)に堪えない。

拉致問題解決は最優先課題

だがこの20年間で達成した2つの大きな成果がある。1つ目は18年、第1次安倍晋三政権によって政府に拉致担当部署が新設され拉致問題が国政の優先課題になり、拉致問題解決が日朝国交正常化の条件と位置づけられたことだ。

ランキング

  1. 【沖縄考】南の島の北の防人 那覇支局長・川瀬弘至

  2. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  3. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

  4. 【産経抄】12月6日

  5. 【スポーツ茶論】渋野の信念と今と未来 清水満

  6. 【主張】露産原油に上限 制裁広げて打撃を与えよ

  7. 【浪速風】悪性の物価高

  8. 【美しき勁き国へ】櫻井よしこ 軍事力強化 目そらすな

  9. 【異論暴論】旧統一教会問題に翻弄される いかがわしい「空気」の正体 正論1月号好評販売中

  10. 【主張】保育園児虐待 園と市の対応徹底検証を

会員限定記事