主張

村上が55本塁打 歴史の扉を開いてほしい

日本選手最多に並ぶシーズン55号本塁打を放ち、球団マスコットのつば九郎らから祝福されるヤクルトの村上。本塁打に加え、出塁率でもプロ野球記録更新を狙う=9月13日、神宮球場(長尾みなみ撮影)
日本選手最多に並ぶシーズン55号本塁打を放ち、球団マスコットのつば九郎らから祝福されるヤクルトの村上。本塁打に加え、出塁率でもプロ野球記録更新を狙う=9月13日、神宮球場(長尾みなみ撮影)

やはり本塁打は野球の華だ。たった一振りで球場の空気を一変させてしまう「4番打者」の仕事に、これほど目を奪われるシーズンは久しくなかった。

プロ野球ヤクルトの主砲、村上宗隆が今季55本目の本塁打を放った。

昭和39年に巨人の王貞治さんが残した日本選手の最多本数に並ぶ史上2位タイの快挙である。

投手分業制の現代に本塁打を量産することに、王さんは「われわれの時代よりも難しい。彼(村上)の技術がいかに今の時代の若い選手たちの中でもずぬけているかということです」とサンケイスポーツの取材に答えている。

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平にも共通するのは、チームの勝敗に関わりなくファンが一挙手一投足に熱い視線を注いでいるということだ。

象徴的な光景がある。第2打席で今季54号を放った13日の巨人戦(神宮球場)だ。九回の攻撃時点で5点差をつけられ、逆転の望みが薄い状況の中、席を立つファンは見られなかった。

打席が回ってきた村上は、55号となる3点本塁打でファンの期待に報い、「自分のためというよりも勝つため、喜んでもらうため」との言葉を残している。高いプロ意識をそこに見る。

22歳にして言葉に浮ついたところがなく、引き締まった面差しには、球団を背負う覚悟がうかがえる。昨年の東京五輪では、日本代表の主軸打者として金メダル獲得に貢献した。

この夏はプロ野球記録を塗り替える5打席連続本塁打を放ち、令和初の三冠王にも前進している。すでに球界の顔である。

豪快な打撃を支えるのは、小学生時代から地道に繰り返してきた素振りだという。明日の村上を夢見る全国の野球少年にとって、心強い道しるべだろう。

来春に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、日本代表入りが期待される大谷と打線の主軸を組む可能性もあり、楽しみは尽きない。

残るは平成25年のバレンティン(ヤクルト)によるプロ野球記録の60本塁打だけだ。新記録へ、あと15試合での6本は決して不可能な数字ではない。

同時代に生きる喜びをかみしめながら、歴史の扉が開かれる瞬間を待ちたい。

会員限定記事会員サービス詳細