維新、大阪市長選予備選 選考委員に辛坊氏ら

来春の大阪市長選の公認候補を決める「予備選」の概要が発表された大阪維新の会の政治資金パーティー=15日午後、大阪市北区(永田直也撮影)
来春の大阪市長選の公認候補を決める「予備選」の概要が発表された大阪維新の会の政治資金パーティー=15日午後、大阪市北区(永田直也撮影)

地域政党「大阪維新の会」は15日、来春に見込まれる大阪市長選の候補者選考で実施する「予備選」の概要を発表した。この日から30日まで予備選候補者の応募を受け付け、選考委員による選考を経て、党員らによる投票を12月10日に行い、最多得票者を市長選の候補者に選ぶ。

予備選候補者は公募で受け付け、大阪維新所属の議員や首長らは無条件で応募可能。一般市民の場合は大阪市議や大阪府議、国会議員いずれか1人の推薦人が必要となる。

応募者が6人以上になった場合は、第一次選考で5人に絞り込み、第二次選考の書類・プレゼンテーション審査で2、3人まで人数を絞る。

選考委員には松井一郎大阪市長や吉村洋文代表のほか、元ニュースキャスターの辛坊治郎氏、ジャーナリストの須田慎一郎氏、政治学者の三浦瑠麗氏らが名を連ねた。

12月1~9日に公開討論会を行い、10日に決選投票を実施。府内在住の議員や首長、一般党員のほか、無料通信アプリ「LINE」(ライン)を通じて党員登録した府内在住の「準党員」も投票でき、最多の票を獲得した候補者が市長選の公認候補となる。

会員限定記事会員サービス詳細