鳥貴族、やきとり大吉買収 サントリーから全株取得

ダイキチシステムがFC展開する「やきとり大吉」(サントリーホールディングス提供)
ダイキチシステムがFC展開する「やきとり大吉」(サントリーホールディングス提供)

焼き鳥チェーン「鳥貴族」を運営する鳥貴族ホールディングス(HD)は13日、同業の「やきとり大吉」をフランチャイズ(FC)展開するダイキチシステム(大阪市)を完全子会社化すると発表した。サントリーホールディングスから令和5年1月に全株式を譲り受ける予定。買収額は非公開。

ダイキチシステムはやきとり大吉の全店舗をFCで運営しており、直営店はない。8月末時点で514店舗あり、3年12月期の売上高は5億円だった。鳥貴族HDはFCのノウハウを生かして事業拡大につなげたいとしている。

主要顧客が20~30代の鳥貴族と、40~60代のやきとり大吉では「顧客の奪い合いにならず成長が見込める」(鳥貴族HD広報)とした。

会員限定記事会員サービス詳細