「がん、一緒に打ち勝つ」 米大統領、超党派対策訴え

バイデン米大統領(AP)
バイデン米大統領(AP)

バイデン米大統領は12日、東部ボストンで演説し、がん克服を「国家的目標」と位置付けた。「がんに関しては民主党も共和党もない。一緒に打ち勝つことができる」と述べ、国民の融和を訴えた。政権は2月、がんによる死亡率を今後25年で半減させる目標を掲げた。

バイデン氏はオバマ政権で副大統領だった2015年に長男を脳のがんで亡くしている。米国は16年に大規模な研究事業を始め、がん克服へ日本や韓国とも連携している。

バイデン氏は「がんを死に至る病から共生できる疾患に変える」と強調。研究加速へ設置した医療高等研究計画局(ARPA―H)の初代局長にルネ・ウェガージン氏を充てる考えを示した。国防総省で生物学の研究を率いた経験を評価した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細