ヤクルト村上が55号、王さんに並ぶ

【プロ野球ヤクルト対巨人】9回 今季55号となる3点本塁打を放つヤクルト・村上宗隆=神宮球場(長尾みなみ撮影)
【プロ野球ヤクルト対巨人】9回 今季55号となる3点本塁打を放つヤクルト・村上宗隆=神宮球場(長尾みなみ撮影)

プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手(22)は13日、神宮球場で行われた巨人24回戦の四回に今季54号本塁打、九回には今季55号本塁打を放ち、1964年に王貞治(巨人)が成し遂げた日本選手最多のシーズン本塁打記録に58年ぶりに並んだ。22歳での達成は、王の24歳を上回り最年少記録となった。

シーズン55本塁打は、王、01年のローズ(近鉄)、02年のカブレラ(西武)に並ぶ歴代2位タイの記録。歴代最多は2013年にバレンティン(ヤクルト)が記録した60本。

【プロ野球ヤクルト対巨人】9回 今季55号となる3点本塁打を放ち、つば九郎らから祝福されるヤクルト・村上宗隆=神宮球場(長尾みなみ撮影)
【プロ野球ヤクルト対巨人】9回 今季55号となる3点本塁打を放ち、つば九郎らから祝福されるヤクルト・村上宗隆=神宮球場(長尾みなみ撮影)


会員限定記事会員サービス詳細