現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

忍び寄る脅威から国を守るため 東海大学教授・山田吉彦

東シナ海上空から望む尖閣諸島(鈴木健児撮影)
東シナ海上空から望む尖閣諸島(鈴木健児撮影)

海洋国家日本の宿命

海洋国家日本における国民生活を考えるうえで、海洋安全保障体制の充実は、さらに重視すべき政策である。現状では、忍び寄る隣国の脅威から領土および国民の生命財産を守ることはできない。また、食の確保のためには漁業を保護し、日本経済の根幹を支える海上貿易路・シーレーンを確保することが求められる。

もはや日本は平和な国ではない。混沌(こんとん)とする国際情勢は、日本を戦乱の渦に巻き込んでいることに国民は目を開かなければならない。ロシアは国際社会の批判を受けながらもウクライナ侵攻の手を緩めない。日本との間で進めてきた日露平和条約交渉の中断を通告し、北方領土で行ってきたビザなし交流事業も一方的に閉ざした。

ランキング

  1. 【産経抄】9月25日

  2. 【竹島を考える】中韓露の情報戦・認知戦 反撃能力なき日本

  3. 【主張】旭川のいじめ調査 もっと被害者に寄り添え

  4. 【主張】北の「核使用法令」 圧力強めて暴走を止めよ

  5. 安倍氏の戦う遺志を継ぐ 国葬控え討論会

  6. 【朝晴れエッセー】命つなぐ「ウーバージュース」・9月25日

  7. 【産経抄】9月24日

  8. 【阿比留瑠比の極言御免】死人に口なしでいいのか

  9. 【経済プリズム】歴史的な円安 円建て取引で為替変動に備えを 経済部編集委員・高橋俊一

  10. 【主張】ENEOS元会長 辞任理由の隠蔽は問題だ

会員限定記事