王座戦第2局、永瀬王座がタイに戻す

王座戦第2局の指し直し局に臨む永瀬拓矢王座(右)と挑戦者の豊島将之九段=13日午後、名古屋市(日本将棋連盟提供)
王座戦第2局の指し直し局に臨む永瀬拓矢王座(右)と挑戦者の豊島将之九段=13日午後、名古屋市(日本将棋連盟提供)

将棋の永瀬拓矢王座(30)に豊島将之(まさゆき)九段(32)が挑戦する第70期王座戦五番勝負の第2局が13日、名古屋市で指され、同一局面が4回繰り返され膠着(こうちゃく)状態になる千日手による指し直しの末、永瀬王座が105手で豊島九段を破り、対戦成績1勝1敗でタイに戻した。第3局は27日、京都市で指される。

今シリーズで永瀬王座は4連覇が懸かり、豊島九段は初の王座獲得を目指す。

会員限定記事会員サービス詳細