公明6選挙区の候補擁立に「模索すべき」 維新・松井前代表

記者団の取材に答える日本維新の会の松井一郎前代表=13日午後、大阪市役所(北野裕子撮影)
記者団の取材に答える日本維新の会の松井一郎前代表=13日午後、大阪市役所(北野裕子撮影)

日本維新の会の松井一郎前代表(大阪市長)は13日、馬場伸幸代表が次期衆院選で公明党の現職議員がいる大阪府と兵庫県の計6選挙区へ候補者を擁立する可能性に言及したことについて「有権者の選択肢を広げ、衆議院の議席を増やすことを模索すべきだ」と述べた。馬場氏に同調するとともに公明の出方を意識した発言とみられる。

維新は大阪市を廃止し、特別区を設置する「大阪都構想」の実現に向けて公明の協力を取り付けるため、6選挙区で候補者擁立を見送ってきた。大阪市議会では地域政党「大阪維新の会」が最大会派だが、過半数の議席がなく、公明と事実上の与党関係にある。

松井氏は「真正面からぶつかればいろいろと波風が立つが、(公明は)市議会で何でも反対という立場にならないんじゃないか」とも語った。

会員限定記事会員サービス詳細