「誤解与えた」とNHKが謝罪 「国際報道」データを不適切使用

東京都渋谷区のNHK(鴨志田拓海撮影)
東京都渋谷区のNHK(鴨志田拓海撮影)

NHKは12日、NHK・BS1の番組「国際報道2022」の中で、8月末に放送した出入国在留管理庁の特集は、在留資格を失った外国人数の推移を示すデータの使い方が不適切だったとして、「さまざまなご意見やご指摘を頂いた。視聴者に誤解を与え、大変失礼しました」と謝罪した。

8月31日の放送では、帰国を拒む外国人たちの滞在が長期化する傾向にあると指摘し、国の費用負担増につながっているなどと報じた。

NPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」(移住連)が「入管側の主張を無批判に伝えるだけの番組。長期化の客観的な根拠が一切示されていない」などとしてNHK側に抗議声明を送っていた。

会員限定記事会員サービス詳細