埼玉・滑川町長に元町課長の大塚氏初当選

任期満了に伴う埼玉県滑川町長選は11日、投開票され、無所属新人で元町課長の大塚信一氏(63)が、無所属新人で元保育施設運営会社員の吉田樹雄氏(56)を破り、初当選を果たした。当日有権者数は1万5317人、投票率は過去最低の55.53%(前回59.82%)だった。

大塚氏は町の総務政策課長などを務めた行政経験をアピールし、遠距離通学児童向けのスクールバス導入などを訴えて支持を広げた。吉田氏は、5期目の今期限りで引退する吉田昇町長(83)の長男で、現町政の継承を訴えたほか、農業を強みにした町づくりを掲げたが及ばなかった。

町議補選(欠員1)も同日投開票され、新議員が決まった。投票率は55.51%だった。

会員限定記事会員サービス詳細