新型トヨタ・クラウンの“個性”は受け入れられるのか

フルモデルチェンジによって大きく変わったトヨタの新型「クラウン」の方向性を、小川フミオが考えた。

4代目が残した教訓

ようやく、という感じで、“パーソナルなクラウン”と呼べるクラウンが登場するかもしれない。

2022年後半に登場予定の「クロスオーバー」、それに続く「スポーツ」「エステート」「セダン」と4車型で大胆なマーケティングを展開する新型クラウンには、これまでと違って、明確な“個性”がある。そこが大きな魅力だと私は思う。

私は個人的に、クラウンは難しいクルマだと思ってきた。「いつかはクラウン」なんていって、トヨタ車の頂点に位置づけられていたのに、よく似合っている人をあまり見たことがない。

街中で見かけて、いいなぁと思うクルマは、たいてい乗っている人を含めてキャラがたっている。

メルセデス・ベンツ、BMW、レンジローバー、ポルシェ、それにトヨタのスポールブランドである「GR」だってそう。運転する人がそのクルマのオーナーであることを強く意識している。クルマって、電車とかと違って趣味性のあるものなので、人との相性がなにより大事なのだ。

「クラウンは、決してお客様の先を行きすぎてはいけない。それが4代目(クラウン=1971年発売)の残した教訓です」

新型クラウンの発表会場で、トヨタ自動車の豊田章男社長は、そう振り返った。

なるほど。4代目は大胆なデザインが特徴だったものの、それが仇となってしまいセールスは芳しくなかった。個性が希薄で、“クラウン像”が自分のなかでうまく形成できないのが残念だなぁ、と私が思ってきたのは、そのあたりに理由があるんだろうか。だから、キャラがあまりたっていなかったのだ。

会員限定記事会員サービス詳細