現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月10日

エリザベス女王(右)とダイアナ元妃=1987年8月4日、ロンドン(AP)
エリザベス女王(右)とダイアナ元妃=1987年8月4日、ロンドン(AP)

亡くなった英国のエリザベス女王は礼儀正しく、マナーを重視した。「あの人たちは駐中国英大使にとても失礼だった」。女王は2016年5月、前年に英国を公式訪問した習近平国家主席ら中国代表団の振る舞いについて、こう漏らして話題を呼んだ。その場面が英BBC放送などで放映された。

▼習氏といえば平成21年12月、副主席としての来日時の態度もいただけなかった。当時の鳩山由紀夫内閣は、天皇陛下との会見を望む場合は1カ月前までに文書で申請が必要という「1カ月ルール」を破り、習氏と陛下との会見をセットした。そうまでしたのに、習氏は陛下におじぎもせずに握手で済ませたと評判が悪かった。

▼そんな中国は今回、安倍晋三元首相の国葬に関してもくちばしを入れてきた。台湾が国葬への代表派遣に前向きな姿勢を示しているのに対し、中国外務省の毛寧報道官は記者会見で牽制(けんせい)した。「台湾独立勢力が政治工作する舞台を日本は提供してはいけない」

ランキング

  1. 【阿比留瑠比の極言御免】ブーメラン政党でいいのか

  2. 【産経抄】10月6日

  3. 【主張】めぐみさん58歳 悲しい誕生日に終わりを

  4. 【正論】英王室の神と日本皇室の神々 東京大学名誉教授・平川祐弘

  5. 【主張】入国制限の撤廃 訪日客拡大で景気刺激を

  6. 【産経抄】10月5日

  7. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行<5>SDGsは親の仇(かたき)でござる

  8. 【浪速風】「慣れ」は恐ろしい

  9. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行行<4>いつの間にか「吞み鉄」に変身

  10. 【西論プラス】東京五輪を汚した「レジェンド」、次の異名は 大阪編集長 宇田川尊志

会員限定記事