「放送事故やんけ!」四千頭身の都築拓紀が生放送中にまさかのトラブル

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している四千頭身の都築拓紀
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している四千頭身の都築拓紀

四千頭身の都築拓紀が木曜日パーソナリティーを務めるラジオ番組『サクラバシ919』。9月8日(木)の放送では、生放送中にトラブルに見舞われたエピソードを披露した。

先日、四千頭身は高知放送のある番組に出演したとのこと。その内容は、とある高校の強豪ダンス部にサプライズ訪問し、一緒に踊る様子を生中継するというものだったそう。

じつはYouTubeに投稿したダンス動画が話題になったこともある四千頭身。そのため「ダンスといえば四千頭身」とオファーされたが、都築は「ダンスといえば俺らではない…」と困惑する。

そもそもダンスは素人で「苦手だし、すごく好きなわけではない」といい、さらに「ダンス動画が跳ねた結果、著しくお笑い好きが離れた」と、悩みもあるようで…。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している四千頭身の都築拓紀
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している四千頭身の都築拓紀

そんな不安を抱えつつも、高校生たちのために「やるしかない!」と決心。当日、会場となる高校に到着し、さっそくダンスの練習を行う。

今回、四千頭身が高校生たちと踊る楽曲は『みずいろの雨』のロックバージョン。しかし、想像以上に難易度の高い振り付けを1時間で覚えないといけない状況に、都築は「無理じゃない? 俺らいつからジャニーズ?」とアタフタ。

そんな中、コーチのハードなレッスンになんとかついていき、細かい部分は高校生に教えてもらいながら本番に備えたと話す。

さらに本番直前、スタッフから曲の冒頭は「アドリブで踊ってください」とむちゃぶりも。これに都築は「無理じゃん」と思わずワガママを言ってしまったと明かす。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している四千頭身の都築拓紀
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している四千頭身の都築拓紀

相方・後藤の衝撃行動に…

そして迎えた本番。曲のイントロが流れ、順調にはじまったかと思いきや、突然曲がストップするトラブルが発生。

都築は「無音ダンス? え、聞いていない」と驚愕(きょうがく)。ところが、高校生たちは手拍子と鼻歌でどうにかダンスを継続しており、その様子に「アツい! 青春映画のラストシーンやん」と感動したのだとか。

そんな高校生たちの姿に背中を押され、覚悟を決めた都築が自分たちのパートを踊ろうとした瞬間…。四千頭身の後藤拓実が「いや、放送事故やんけ!」と絶叫! 後藤の行動でコラボが頓挫してしまうまさかの事態に、都築は「後藤がバグっちゃった。みんなの青春が台無しになった」と頭を抱えた。(ラジオ大阪)

会員限定記事会員サービス詳細