マイナポータルで診療情報閲覧 11日から

デジタル庁が入る民間ビル=4月、東京都千代田区
デジタル庁が入る民間ビル=4月、東京都千代田区

デジタル庁は9日、マイナンバーカード取得者向けサイト「マイナポータル」で、11日から自身の診療情報を閲覧できるようになると発表した。本人が同意すれば、かかりつけの医師や薬局と情報共有もできる。

閲覧できる情報は、いつ、どの医療機関を受診したかや、投薬や検査、手術など、どのような診療をしたか。診断の結果は対象外となる。

これまでマイナポータルでは、自ら支払った医療費のほか、処方薬や特定健康診査(メタボ健診)の情報が閲覧可能だった。

会員限定記事会員サービス詳細