「効率化で収益向上」西九州新幹線開業でJR九州社長

日本記者クラブで記者会見するJR九州の古宮洋二社長=9日、東京・内幸町
日本記者クラブで記者会見するJR九州の古宮洋二社長=9日、東京・内幸町

JR九州の古宮洋二社長は9日、武雄温泉(佐賀)と長崎を結ぶ西九州新幹線が23日に開業するのを前に日本記者クラブで講演し、「高速バスの乗客がどこまで(新幹線に)転移するかは想定がつかない。全体を効率化してコスト削減し、収益を上げる」と意気込みを語った。

西九州新幹線は博多―長崎を結ぶ九州新幹線長崎ルートの一部として開業し、武雄温泉で新幹線と特急を乗り換える必要がある。古宮氏は運転士が車両検査業務の一部を担うなどの効率化策を紹介し、「初年度の(乗客)人数や収入(の見通し)は今のところ立てられない。新幹線を維持するための取り組みをし、長い目でお客さまを増やしたい」と説明。その上で「乗り換えへの抵抗は慣れればそんなにないと思うが、乗り換えがない方がベストだ」と強調した。

長崎ルートは、佐賀県内の区間で整備方式などに同県が反発し、着工のめどが立っていない。

会員限定記事会員サービス詳細