「アップルウオッチ」新製品を発表、3機種展開に 9月16日発売

Apple Watch(アップル提供)
Apple Watch(アップル提供)

米アップルは7日(日本時間8日未明)にオンラインで開いた新製品発表会で、ウェアラブル端末「Apple Watch(アップルウォッチ)」の新機種「シリーズ8」を発表した。また、廉価版の「SE」の新型と、アップルでは初のアウトドア向けウオッチ「Ultra(ウルトラ)」も同時に発表した。

アップルウオッチに皮膚温センサー搭載

Apple Watch(アップル提供)
Apple Watch(アップル提供)

アップルウオッチのシリーズ8では、健康関連の機能を強化するため、皮膚温センサーが搭載される。ディスプレイは大きく鮮明で、常時表示できる。バッテリーの持続時間は18時間。さらに36時間の低電力モードも設定できる。このモードでは、時計の主な機能への影響を最小限に食い止めて利用することが可能としている。

安全のための機能として「衝突事故検出」が新たに搭載された。自転車に乗っていて事故を起こした際に、緊急通報サービスに知らせたり、位置情報を送ったりできる。100万時間を超える実際の運転と、衝突事故のデータを学習させたアルゴリズムを採用しているという。

日本での価格は5万9800円(税込)から。9月8日に予約が開始され、16日に発売される。

アップルウオッチSEは第2世代へ

Apple Watch SE(アップル提供)
Apple Watch SE(アップル提供)

アップルウオッチSEは第2世代が発表された。新色が3つ追加され、ディスプレイが従来モデルより30%広い。「衝突事故検出」などの機能も搭載されている。日本での価格は3万7800円(税込)から。9月8日に予約が開始され、16日に発売される。

過酷な環境で作動するアップルウオッチウルトラ

Apple Watch Ultra(アップル提供)
Apple Watch Ultra(アップル提供)

アップルウオッチウルトラは、シリーズで史上最も屈強な時計となる。ケースサイズは最大の49ミリ、素材はチタニウムを使用。画面の明るさも抜群で、屋外の強い日差しの中でも画面をはっきり見ることができる。新たに導入した大きめの操作ダイヤル「デジタルクラウン」は、手袋をした状態で使うことを想定した。3つの内蔵マイクを搭載することで、屋外での音声通話の品質を大幅に向上させた。WR100の高い耐水性も持ち合わせ、水泳やダイビングなど水中での使用も可能だ。

腕にはめるバンドは、新たに「トレイルループ」「アルパインループ」「オーシャンバンド」の3種類を用意。あらゆるシーンでしっかりフィットするとしている。

バッテリー持続時間は36時間。さらに、今秋に登場予定の基本ソフト「watchOS 9」で搭載されるを低電力モードを使えば、60時間まで作動するようになる。自分の位置や経路をより正確に記録できる「2周波GPS」も搭載。日本での価格は12万4800円(税込)。9月8日に予約が開始され、23日に発売される。

「iPhone14シリーズ」発表 価格は11万9800円から



会員限定記事会員サービス詳細