サバレンカ、2大会連続4強入り 全米OPテニス

テニスの全米オープン第10日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、シングルス準々決勝で女子はベラルーシ出身のアリーナ・サバレンカがカロリナ・プリスコバ(チェコ)に6―1、7―6で勝ち、2大会連続で4強入りした。

男子はフランシス・ティアフォー(米国)がロシア出身のアンドレイ・ルブレフに7―6、7―6、6―4で勝ち、初の準決勝進出を決めた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細