高2女子自殺、男子生徒らのいじめ認定 生徒手帳には「辛い」と遺書 大阪

調査報告書の公表を受け、謝罪する大阪府教育庁の職員=8日午後、大阪市中央区
調査報告書の公表を受け、謝罪する大阪府教育庁の職員=8日午後、大阪市中央区

昨年4月に大阪府立高校2年の女子生徒=当時(16)=が自殺する事案があり、外部の弁護士らでつくる第三者調査委員会は8日、「いじめと自死との間には強い関連性がある」とする報告書を公表した。複数の男子生徒によるからかいなどをいじめと認定し、学校側の組織的な対応が不十分だったと結論付けた。

報告書によると、生徒は1年生だった令和2年12月、同じ学年の男子生徒に悪口を言われているとスクールカウンセラーに相談。2年生になった昨年4月に自宅近くの高層住宅から転落し死亡した。生徒手帳には「あいつらにいじめられていて辛い」と書かれた遺書が挟まれていた。

第三者委は、数人から十数人の男子生徒が生徒の化粧について「けばい」などと繰り返しからかったことをいじめと認定。具体的な行為を特定できないとしていじめを認定しなかった学校側の姿勢を「誤り」と批判した。

再発防止策として、カウンセラーら視点も踏まえた見守り体制の充実や、デジタル機器を使ったいじめアンケートの実施などを求めた。

大阪府教育庁は「報告書の内容を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努める」としている。

会員限定記事会員サービス詳細