パリ五輪会場のタヒチで合宿計画 日本サーフィン連盟

日本サーフィン連盟は6日、2024年パリ五輪に向けた強化方針をオンライン記者会見で説明し、五輪会場となるフランス領ポリネシアのタヒチで強化合宿を計画していることを明らかにした。世界有数の重厚さで知られる現地の波に対する適応力を磨くためで、開催時期や参加選手の選考方法は今後定める。

日本とタヒチでは波質と規模が異なるとして、井本公文副理事長は五輪予選を兼ねる23年と24年のワールドゲームズについて代表選考会を国内で開催しない可能性も示唆。「大きな波に乗れる選手をどう選考するのかが喫緊の課題」と述べた。

また宗像富次郎副理事長は、今月16日に米国で開幕する今年のワールドゲームズで東京五輪男子代表の大原洋人を代表候補に選出していたが、本人が腰のけがを理由に辞退したため選考外としたことを明らかにした。

会員限定記事会員サービス詳細