司法試験に1403人合格 人気低迷、減少止まらず

法務省=東京都千代田区
法務省=東京都千代田区

法務省は6日、令和4年司法試験に、前年比18人減の1403人が合格したと発表した。合格者数は右肩下がりで、旧司法試験から新試験に完全移行した平成24年以降で最少。政府が27年に下方修正した目標「1500人以上」を3年連続で下回った。合格率は45・5%で、新試験では過去最高となった。

受験者数も3082人で24年以降最少。法曹人気が低迷し、法科大学院の入学者数が減っていることが要因とみられる。一方、法科大学院を経なくても受験資格を得られる予備試験ルートでの合格は395人で、合格率は97・5%。合格者全体の28・2%を占めた。

合格者は男性1014人、女性389人。平均年齢は28・3歳で、最年少は18歳、最年長は68歳。出身法科大学院別で最多は京都大の119人(合格率68%)。東京大117人(60・9%)、104人で慶応大(57・5%)、早稲田大(44・8%)が続いた。

会員限定記事会員サービス詳細