日韓防衛当局、7日に6年ぶり次官級協議

韓国の申範澈(シン・ボムチョル)国防次官
韓国の申範澈(シン・ボムチョル)国防次官

【ソウル=時吉達也】韓国国防省は5日、7日にソウルで申範澈(シン・ボムチョル)国防次官が防衛省の岡真臣(まさみ)防衛審議官と会談すると発表した。対面による日韓2国間の次官級協議は、2016年9月以来6年ぶり。安全保障協力の強化に向け、両国間の懸案を議論するとしている。

韓国側が一時破棄した、軍事上の機密情報を共有する軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の運用「正常化」や、韓国軍が自衛隊機に対する火器管制レーダー照射の指針を作っていたとされる問題について協議される見通し。日韓防衛当局は、18年の韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題などを受け関係が悪化し、高官級協議が途絶えていた。

会員限定記事会員サービス詳細