現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月5日

「私がみなさんに授業をするのは、これが最後です」。普仏戦争でフランスが敗れ、アルザス地方は、プロイセン(ドイツ)領となる。ドイツ語以外の言葉を学校で教えることが禁止された。フランス語の教師は最後の授業で、母国語の大切さを訴える。「奴隷になっても、その国民が自分の言語を持っているかぎりは、牢獄(ろうごく)の鍵を持っているのと同じだ」。

▼昭和の時代に教育を受けた人なら、懐かしく思い出すだろう。国語の教科書に載っていた『最後の授業』である。仏作家ドーデの短編小説を久しぶりに読み返した。ロシアが制圧したウクライナの東部と南部で、教育面でも強権を振るい始めたとのニュースに接したからだ。

▼ロイター通信によると、プーチン大統領は今月1日、占領地区ではロシア政府の承認した教科を教えることが重要だと述べた。ウクライナの子供たちが、かつてロシアとともにソ連という同じ国だった歴史を理解していないと知り、ショックを受けたからだという。

ランキング

  1. 【産経抄】2月7日無料プラン記事

  2. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  3. 【風を読む】「金融オセロ」は今後もクロ? 論説副委員長・井伊重之有料プラン記事

  4. 【正論】「あらまほしき戦争」に備えよ 東洋学園大学教授・櫻田淳無料プラン記事

  5. 【主張】北方領土の日 G7で「四島返還」共有を 日本外交は露の衰退に備えよ

  6. 【正論】「抗がん剤効果少ない」との発表 高齢者がん治療方針を転換せよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

  7. 【美しき勁き国へ 櫻井よしこ】日中関係は相互主義で有料プラン記事

  8. 【浪速風】学校でのマスク生活

  9. 【正論】「結婚の奨励」こそが少子化対策 麗澤大学教授・八木秀次無料プラン記事

  10. 【主張】中国の人口減少 緊張高める行動に警戒を