中国、新任報道官に毛寧氏 初日はそつなく米国非難

記者会見する中国外務省の毛寧副報道局長=5日、北京(共同)
記者会見する中国外務省の毛寧副報道局長=5日、北京(共同)

中国外務省の新たな報道官として毛寧副報道局長(49)が5日、初めて定例記者会見に登場した。台湾問題で「米国は中国の主権を損ねている」と非難するなど、やや緊張した表情ながらそつなく記者の質問に答えた。

中国メディアによると、毛氏は大学で英語を専攻して外務省に入省。朝鮮半島問題や日中韓協力の担当部署のほか、在米中国大使館での勤務歴もある。

中国外務省は平日の午後に毎日記者会見を開き、華春瑩報道局長など複数の報道官が交代で担当している。(共同)

中国外務省の毛寧報道官(共同)
中国外務省の毛寧報道官(共同)
記者会見を終え、引き揚げる中国外務省の毛寧副報道局長=5日、北京(共同)
記者会見を終え、引き揚げる中国外務省の毛寧副報道局長=5日、北京(共同)

会員限定記事会員サービス詳細