宗教法人法の運用見直しを 国民・玉木氏「厳格すぎる」

国民民主党・玉木雄一郎代表(春名中撮影)
国民民主党・玉木雄一郎代表(春名中撮影)

国民民主党の玉木雄一郎代表は5日、国会内で講演し、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を念頭に、宗教法人法をめぐる現行の厳格な運用を見直すべきだとの認識を示した。

法律や公共の利益に反する行為が疑われる宗教法人に対し、現行法でも行政側がヒアリングできると指摘。「ただ、戦前の国家神道の問題などがあり、運用のハードルが高すぎる」と述べた。

同時に「信教の自由は大事で、宗教活動にいたずらに介入してはならない」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細