札幌市長、IOC訪問中止 30年冬季五輪招致

札幌市の秋元克広市長
札幌市の秋元克広市長

2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市は5日、秋元克広市長が9月中旬に予定していたスイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部訪問を取りやめると発表した。バッハ会長と会談する方向で調整していた。「IOC側と日程の調整がつかなかったため」としている。

秋元市長は9月14~17日、姉妹都市提携50周年のドイツ・ミュンヘンへの出張を前にIOC訪問を計画。関係者によると、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長も同席予定だった。機運醸成の取り組みなどを報告し、招致の準備が進んでいることを印象付ける狙いがあった。

会員限定記事会員サービス詳細