現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

戦争を正当化する「被害者意識」 東京国際大学特命教授・村井友秀

東京国際大学特命教授・村井友秀氏
東京国際大学特命教授・村井友秀氏

国際関係を動かす大きな要因に、怒りや憎悪を生み出す被害者意識がある。

命より大事なもの

戦争において最も重要なポイントは国民の戦う意志である。国民は自分の命より大事なもののために命を捨てて戦う。かつて共産主義諸国では、共産主義は個人の命よりも価値があると教えた。また民族主義も個人の命より価値があると教える。現在、元共産主義諸国では共産主義が民族主義に変身している。共産主義国家では基本的に武装した人民が国を守ることになっていた。旧ユーゴスラビアでは戦争になれば、国民の7割を動員することになっており(全人民的防衛)、1990年代の内戦では国内が戦闘員で溢(あふ)れた。

ランキング

  1. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  2. 【産経抄】12月9日

  3. 細川昌彦氏「中国は経済の武器化図っている」 仙台「正論」懇話会

  4. 【主張】防衛費財源 歳出改革の徹底こそ先だ

  5. 【浪速風】「質」を追求する

  6. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  7. 【話の肖像画】作詞家・松本隆<2> 父が買ってくれた「デンチク」が原点

  8. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  9. 【偏西風】春日・若宮神社「式年造替」の知恵 原発に多様な意思決定参画を 奈良支局長・粂博之

  10. 【新聞に喝!】夕刊の廃止は宝の喪失だ 神戸大学大学院法学研究科教授・簑原俊洋

会員限定記事