PCに貼られた「ENERGY STAR」の青いシールには、どんな意味があるのか

PCなどのコンピューター機器に貼ってある「ENERGY STAR」と書かれた青いシールは、「国際エネルギースタープログラム」という制度の認証を受けたことを示している。だが、その認証は具体的にどのような意味をもっているのだろうか? プログラム運営の担当者に詳しく聞いてみた。

電力使用量の削減は環境のためになると同時に、電気料金を支払う財布にも優しい。それでは、PCや周辺機器などを買い換える際に「ENERGY STAR」と書かれたロゴのシールが貼ってあるのを見て、疑問に思うかもしれない。「これはいいことを示すものだと思うが、正確には何を意味しているのだろうか?」と──。

この「ENERGY STAR」とは米国政府による「国際エネルギースタープログラム」のことで、米環境保護庁(EPA)が運営している。

この小さな水色のシールの重要性について興味をもったので、EPAに10年以上にわたって勤務するエネルギースターのプロダクト開発マネジャーのキャサリン・キャプランに会うことにした。そしてエネルギースターについて理解を深められるよう、このプログラムの歴史と使命、そして消費者が節約に役立てられる方法を尋ねてみたのである。

革新と環境汚染の削減の両立を目指す制度

エネルギースターの前身は、1991年に制定された「Green Lights」という制度である。これは主に電球のエネルギー消費に焦点を当てたものだった。

その1年後に米国政府は、多くの事務職員の間で普及し始めたコンピューターやブラウン管(CRT)ディスプレイがどれだけ電力を消費しているのか分析すべく、エネルギースタープログラムを立ち上げている。

このプログラムは米国の大気浄化法に基づいて実施されたが、この法律は「EPAに対して規制ではない手段を使って汚染を減らすよう指示するものでした」と、キャプランは説明する。米国政府は、なぜ製品の規制に加えて「規制ではない手段」を試す決断をしたのだろうか。

政府を教室にいる教師に例えてみよう。問題のある生徒を罰するために基準を設けることは当たり前だが、優秀な生徒に対するインセンティブも必要になる。例えば、ピザパーティーや特別休暇、キラキラ光るシールといったものだ。

「エネルギースターの要件を定義したときは、市場に出回る製品の上位25%を対象にすることを目標にしていました」と、キャプランは語る。「わたしたちは市場の転換を実現しようとしています。つまり、基準を定めてメーカーによる多くのイノベーションを促し、基準値をさらに上げなくてはならないのです」

納得できる話だが、少し話が先走りすぎたかもしれない。そもそも、このシールにはどのような意味があるのだろうか。

会員限定記事会員サービス詳細