日韓首脳会談「早ければ今月」と韓国示唆 日本側否定

1日、米ハワイ・ホノルルで写真に納まる秋葉剛男国家安全保障局長(左)と韓国の金聖翰国家安保室長(韓国大統領府提供・聯合=共同)
1日、米ハワイ・ホノルルで写真に納まる秋葉剛男国家安全保障局長(左)と韓国の金聖翰国家安保室長(韓国大統領府提供・聯合=共同)

【ソウル=桜井紀雄】米ハワイで日米韓の国家安全保障問題担当高官による3カ国会議を終えて韓国に帰国した金聖翰(キム・ソンハン)大統領府国家安保室長は2日、日韓首脳会談について「具体的な時期を議論した」と記者団に述べ、早ければ、今月中旬に米ニューヨークで開幕する国連総会の機会に行われる可能性を示唆した。

秋葉剛男国家安全保障局長と協議したもようだ。金氏は、詳細な時期については「明らかにする段階ではない」と明言を避けつつ、国連などでの多国間会議をきっかけにするか、その前後に必要なら首脳が相互の国を訪れるシャトル外交の形式で会う機会があるのではないかと説明した。

日本政府高官は秋葉氏と金氏の会談について、「徴用工問題の解決を求めただけであり、首脳会談の日程については一切協議していない」と述べ、韓国側の発表を強く否定した。

会員限定記事会員サービス詳細