日本が首位発進 世界男子アマゴルフ第1日

男子ゴルフの世界アマチュアチーム選手権は8月31日、パリ近郊にある2コースで第1ラウンドが行われ、サンノムラブラテシュ(パー72)を回った日本は2位スペインに6打差の14アンダーで首位に立った。蟬川泰果(東北福祉大)が個人1位の63をマークした。

世界アマチュアランキング1位の中島啓太(日体大)はイーブンパーで振るわなかったが、岡田晃平(東北福祉大)が67で個人6位につけた。

大会は各チーム上位2人の成績をその日のチームスコアとし、4日間の合計で争う。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細