好きなチームに出会えた バスケ町田、米国から帰国

WNBA参戦を終えて帰国し、取材に応じる町田瑠唯=成田空港(代表撮影)
WNBA参戦を終えて帰国し、取材に応じる町田瑠唯=成田空港(代表撮影)

米女子プロバスケットボールWNBAのミスティックスでプレーした町田瑠唯が1日、初挑戦のシーズンを終えて帰国した。「米国を離れるのが寂しいぐらい好きなチームに出会えた。家族みたいでなじみやすかった。(来季も)チャンスがあればもちろん行きたい」と明るい表情で語った。

身長163センチの町田はレギュラーシーズンで先発2試合を含めた全36試合に出場し、1試合平均1・8得点、2・6アシストをマークした。プレーオフも2試合を経験。1回戦で敗退し「悔しい気持ちが強い」としつつも「楽しかったと思うのは、チームメートがいい雰囲気をつくってくれたから」と振り返った。

会員限定記事会員サービス詳細