立憲新執行部、国葬で共産と意気投合

新執行部で各党へあいさつ回りをする立憲民主党の泉健太代表(手前)ら=31日午後、国会内(矢島康弘撮影)
新執行部で各党へあいさつ回りをする立憲民主党の泉健太代表(手前)ら=31日午後、国会内(矢島康弘撮影)

立憲民主党の泉健太代表や岡田克也幹事長ら新執行部は31日、国会内で各党にあいさつ回りを行った。このうち共産党の志位和夫委員長らとは、安倍晋三元首相の国葬実施などをめぐり政府をさらに追及していく方針を確認した。

立民は長妻昭政調会長、安住淳国対委員長らが同席。共産は小池晃書記局長、田村智子政策委員長、穀田恵二国対委員長が応対した。

泉氏は「共産党の経験に負けないような布陣」を敷いたと岡田氏らを紹介した。志位氏が「岡田さんとは民進党の時代からずっと‥」と声をかけると、岡田氏は「もう長いですよね」としみじみと答えた。岡田氏が旧民進党の代表時代、野党共闘でタッグを組んで以来の関係を確認した。

両党は、安倍氏の国葬問題の追及に関しても息の合うやりとりをみせた。

志位氏は「国対ヒアリングが始まったのは良かった」と指摘。泉氏がヒアリングでの政府側の答えを引き合いに「国民みんなが反対してもやると(政府は)言った」と指摘すると、志位氏は「そう。すべてが反対しても、内閣が決定すればできると(言った)」と相づちを打った。

最後は泉氏が「国民から遠くかけ離れた、今の政府の行状だ」と断じ、一同がうなずいた。

会員限定記事会員サービス詳細