現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

8月30日

昭和49(1974)年11月、大分県別府市内の港から乗用車が海に転落した。当時47歳だった夫だけが助かり、41歳の妻、12歳の長女と10歳の次女は亡くなった。夫は、妻と3カ月前に結婚したばかりだった。妻と連れ子姉妹の名義で総額3億円を超える生命保険に加入していた事実も判明する。

▼ワイドショーで「潔白」を訴えた夫は、テレビ局を出た直後に保険金殺人の疑いで逮捕される。1審、2審で死刑判決を受け、最高裁に上告中に病死する。長く東京都の監察医を務めた法医学者の上野正彦さんによれば、この事件が世間に与えた影響は大きく、悪質な保険金殺人が増えるきっかけにもなった(『死体の叫び』)

▼令和になっても「模倣犯」は絶えることはないのだろうか。大阪府高槻市の民家で昨年7月、住人の会社員、高井直子さん=当時(54)=が殺害された。事件は先週、大きく動いた。大阪府警は、養子の無職、高井(旧姓・松田)凜(りん)容疑者(28)を保険金目当ての殺人の疑いで逮捕した。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】朝日の「戦争を防ぐ確かな手立て」とは? 日本学術機構代表理事・政治学者 岩田温

  2. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  3. 【産経抄】1月29日無料プラン記事

  4. 【主張】ロシアの復帰検討 IOCの愚策支持できぬ

  5. 【主張】コロナ「5類」 移行の準備に万全を期せ

  6. 【産経抄】1月28日無料プラン記事

  7. 【野口健の直球&曲球】女性登山家、谷口けいさん 多くの人に愛された濃い人生

  8. 【ソウルからヨボセヨ】韓中が正月争い

  9. 【田村秀男の経済正解】政府・日銀共同声明をまき直せ有料プラン記事

  10. 【話の肖像画】歌手・石川さゆり<25>恩師との別れ…生まれた「Cross」