現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

安倍元首相の残した2つの問い 同志社大学教授・村田晃嗣

同志社大の村田晃嗣教授(渡辺恭晃撮影)
同志社大の村田晃嗣教授(渡辺恭晃撮影)

凶弾に倒れた安倍晋三元首相は昭和29(1954)年の生まれ、つまり自衛隊と同い年であった。

この年は日本映画にとって豊作で、黒澤明監督『七人の侍』や木下恵介監督『二十四の瞳』、そして本多猪四郎監督『ゴジラ』が公開された。農民たちが用心棒を雇って夜盗から村を守る戦いは自衛の重要性を訴え、小学校の教師と12人の子供たちが戦争に翻弄される姿は厭戦(えんせん)感情をかき立てる。アメリカの核実験で目覚めた太古の怪獣が日本を襲う惨劇は、被爆国にして敗戦国の無力と悲哀を示している。

「国葬反対」に反論する

ランキング

  1. 【新聞に喝!】朝日の「戦争を防ぐ確かな手立て」とは? 日本学術機構代表理事・政治学者 岩田温

  2. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  3. 【産経抄】1月29日無料プラン記事

  4. 【主張】ロシアの復帰検討 IOCの愚策支持できぬ

  5. 【主張】コロナ「5類」 移行の準備に万全を期せ

  6. 【産経抄】1月28日無料プラン記事

  7. 【国防解体新書】(11)非効率な戦闘機対処 ドローンに「もしもし」 社会部編集委員・半沢尚久有料プラン記事

  8. 【野口健の直球&曲球】女性登山家、谷口けいさん 多くの人に愛された濃い人生

  9. 【ソウルからヨボセヨ】韓中が正月争い

  10. 【田村秀男の経済正解】政府・日銀共同声明をまき直せ有料プラン記事