靖国神社遊就館に侵入疑い、自称中国籍の男逮捕 警視庁

靖国神社の遊就館=東京都千代田区(植村光貴撮影)
靖国神社の遊就館=東京都千代田区(植村光貴撮影)

靖国神社(東京都千代田区)の施設、遊就館に侵入したとして、警視庁が建造物侵入の疑いで、自称中国籍で無職の20代の男を現行犯逮捕していたことが、29日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、男は閉館後の28日午後5時すぎ、無施錠の扉から無断で館内に侵入し、間もなく神社関係者に発見されて取り押さえられた。男は不審物などは所持しておらず、遊就館に施設や展示品を壊されたり盗まれたりする被害はなかった。麴町署が侵入の経緯を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細