防災の日に見直そう!これだけは準備しておきたい家庭の備え

ポータブル電源や防災バッグなど、今のくらしに合った防災グッズの見直しが大切
ポータブル電源や防災バッグなど、今のくらしに合った防災グッズの見直しが大切

9月1日は防災の日。地震や台風、集中豪雨などはいつくるかわかりませんが、災害が起きた時、まず何よりも大切なのは、慌てずに身を守ること。そして、日頃から「もしも」に備えておくことです。防災の日・防災週間を機に、見直しておきたい「家庭の備え」についてご紹介します。

防災の日とは?

1923(大正12)年9月1日に関東大震災が発生。また、59(昭和34)年9月26日の伊勢湾台風は、戦後最大の被害をもたらしました。このことがきっかけとなり、60(昭和35)年に災害に対する心構えなどを育成する目的で、9月1日を「防災の日」と制定。82(昭和57)年からは、防災の日を含む一週間(8月30日から9月5日)を「防災週間」とし、防災関連の訓練や行事が行われるようになりました。日常生活の中で常に意識しておくことは難しい「防災」ですが、せめて年に一度は身近に起こり得るものとして考え、まずは、家庭の備えを見直してみてはいかがでしょうか。

ご家庭での対策をチェック!

首相官邸ホームページでは、災害に備え、ご家庭で取り組むべき主な対策として以下の項目をあげています。

  • ・家具の置き方、工夫していますか?(転倒防止対策)
  • ・食料・飲料などの備蓄、十分ですか?(最低3日分、できれば1週間分)
  • ・非常用持ち出しバッグの準備、できていますか?
  • ・ご家族同士の安否確認方法、決まっていますか?
  • ・避難場所や避難経路、確認していますか?(ハザードマップの確認)

参考:首相官邸ホームページ「災害に対するご家庭での備え

ご家庭での備えに便利な最新の防災グッズ

防災についての考え方やグッズなどは、これまでの教訓を生かしたり、くらしの変化に合わせて日々進化しています。味気なかった非常食がおいしくなり、ラジオやテレビを頼っていた情報収集はスマートフォンが主流になりました。防災グッズは、いざという時だけ使うものから、普段も使えるものに進化しています。ここからは、今のくらしに合った便利な防災グッズをご紹介します。

スマートフォン8台分も充電可能!小さいのにハイパワーなポータブル電源

EVER Bright メガパワーステーション&21Wソーラーパネルセット」(税込32,800円)は、災害時に欠かせないツールとなったスマートフォンを8台分充電できるポータブル蓄電池と、太陽光で充電可能な21Wソーラーパネルのセット。蓄電池は24,000mAhのハイパワーにもかかわらず、約1㎏と軽量。ソーラーパネルも約950gと軽量で折りたためるため、持ち運びに便利です。充電だけではなく、遠くを照らせる2灯式LEDライトと近くを照らすランタンの2種類の照明としても使用可能。災害時だけではなく、アウトドアにも活躍します。蓄電池(メガパワーステーション)のみの価格は税込25,300円、ソーラーパネルは税込12,100円ですので、セットでのご購入がお得です。

充電池・乾電池だけではなく、手回しでも充電可能な多機能ランタン

EVERBright スーパーランタン」(税込6,600円)は、ランタン・懐中電灯・ラジオ・携帯充電・サイレンの機能を持つマルチユニット。充電池・乾電池だけではなく手回しでも充電できるため、いざという時にも安心です。

普段使いはもちろん、非常時にも便利な機能が付いたラジオ

ソニー 手回し充電ラジオ」(税込9,900円)は、大口径3.6cmのスピーカーを搭載しているため、聴きとりやすい音量でラジオを聴けます。水しぶきや少量の雨から本体を守る防滴仕様なので、キッチンなどの水回りや屋外でも使用可能。また、乾電池がない時でも手回しで充電でき、スマートフォンを充電するモバイルバッテリーにもなるため、非常時にも便利です。

断水時に困る「トイレ」の問題を解決!

ゴトウ 非常用トイレ シムレット」は、汚物を凝固し、脱臭してくれる非常用トイレです。使い方は洋式便座にトイレ袋をセットして、排泄後に1回分ずつ小分けされたシムレットの袋を破り、トイレ袋の中に入れるだけ。気になるニオイも高機能活性炭が強力脱臭してくれます。避難時などの便座が無いところでも、トイレ袋をセットして簡易トイレとして利用可能。アウトドアやドライブ途中でトイレが近くに無い場合にも便利です。10回分(税込1,628円)、20回分(税込3,190円)、30回分(税込3,960円)、100回分(税込11,000円)をご用意しています。

防災のプロが本気で考え抜いた、かゆいところに手が届く寝袋クッション

プロイデア SONAENO(ソナエノ)クッション型多機能寝袋」(税込12,800円)は、普段はクッションとして使え、災害時やキャンプ、車中泊などでは寝袋として活躍します。寝袋の一番の問題である「収納場所」を解決。また、防災のプロが考え抜いたアイテムですので、顔が隠れる大きめのフードや、盗難防止のための貴重品ポケット、忘れがちな枕がついているなど、災害時にあると便利な機能が満載。洗濯機で丸洗いできるのもうれしいポイントです。

ライフライン復旧までの48時間を生き抜く!年配の方でも楽に運べるローラー式の防災バッグ

メテックス サバイバルローラーバッグ」は、阪神大震災・東日本大震災の被災者や防災士の意見を元に、食品・ラジオ付き多機能自家発電ライト・防寒用具などの必需品をセットにした防災バッグです。ライフラインが復旧し、避難所などの整備ができるまでの48時間を生き抜くためのアイテムが詰まっています。また、給水場所から重い水を運ぶのは一苦労ですが、バッグ自体が貯水タンクとして使えてキャスター付きのため、年配の方や女性でも楽に運ぶことができます。1人用の「サバイバルローラーバッグ ニューコンパック プラス」は税込16,500円、2~3人用の「サバイバルローラバッグ ニューベーシック デラックス」は税込24,200円です。

価格はすべて税込み、5,000円以上のご購入で送料無料(5,000円未満は送料一律500円)。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>

会員限定記事会員サービス詳細