愛知、全数把握を継続へ 報告項目を簡略化

愛知県庁=名古屋市中区
愛知県庁=名古屋市中区

愛知県の大村秀章知事は29日の記者会見で、新型コロナウイルス感染者について、軽症者の報告項目を氏名や住所などに簡略化した上で、引き続き全員にショートメッセージサービス(SMS)で連絡を取り、全数把握を続ける方針を示した。

大村知事は「現場の負担軽減になるはずだ」と述べた。医療関係者らと調整し、近く運用の詳細を固める。

愛知県では陽性者全員に、SMSなどで宿泊療養や配食サービスの案内を送付している。知事は、発生届を高齢者らに限定する政府方針に疑問を呈し「(全員に)ファーストタッチは必要だ」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細