FX勧誘で1億円詐欺被害、マッチングアプリがきっかけ 佐賀県警捜査

佐賀県警鳥栖署は27日、佐賀県鳥栖市の40代男性が、マッチングアプリで知り合った日本人女性を名乗る相手から、外国為替証拠金取引(FX)への投資を持ちかけられ、計約1億円をだまし取られたと発表した。同署は詐欺事件として捜査している。

同署によると、男性はアプリを通じて4日に知り合った。交流サイト(SNS)を通じてやりとりする中で「外国為替取引をすればもうかる」と誘われ、11~26日に指定された金融機関の口座に計17回に分けて入金した。

男性が知人に「投資をするから金を貸してほしい」と依頼した際、詐欺の可能性を指摘され気付いたという。署は27日に被害届を受理した。

会員限定記事会員サービス詳細