食洗機の不具合原因か スズキ本社のCO中毒

浜松市のスズキ本社
浜松市のスズキ本社

浜松市南区の自動車メーカー、スズキ本社の食堂で23日、一酸化炭素(CO)中毒の疑いで14人が搬送された問題で、厨房の食器洗浄機に何らかの不具合が生じ、COが発生した可能性があることが関係者への取材で24日、分かった。

静岡県警によると、14人は厨房の洗浄室付近にいて体調不良を訴えた。洗浄室では温水を出すためにガスを使う食洗機を使用している。23日の消防の調査では洗浄室からCOが測定されていた。県警は換気が十分だったかどうかも含めて調べている。県警と浜松市消防局は24日、食堂を実況見分した。

23日午後0時50分ごろ、食堂で複数人が倒れたとの119番通報があり、食堂のスタッフで20~70代の男女14人が体調不良を訴え搬送された。一時意識障害が出た人もいた。

スズキ本社食堂でCO中毒か、スタッフ14人搬送

会員限定記事会員サービス詳細