犬の気持ちは目で分かる 飼い主との再会で涙が増加 人間の庇護欲引き出す

犬は感情の変化によって流す涙の量が変わることが麻布大学などの研究チームの調査で分かった。涙の分泌には、社会行動などに関与するとされるホルモン「オキシトシン」が影響している可能性があるという。うるんだ瞳で“庇護欲”を呼び起こすことが、人間と犬の共生の歴史を形作ったという見方もあるようだ。

写真はイメージです(Getty Images)
写真はイメージです(Getty Images)

同大獣医学部動物応用科学科の村田香織博士、永澤美保准教授、菊水健史教授、茂木一孝教授たちの研究チームは、自治医科大学と慶應義塾大学との共同研究を実施。飼い主と犬が再会する場面に着目し、犬の変化を調べた。

調査によると、長時間離れていた飼い主と再会したとき犬の涙の量の有意な増加が認められた。飼い主ではない別の人と再会したときには、涙の量は増加しなかった。

また、飼い主と犬が関係を築く上で重要だとされるホルモン、オキシトシンを犬に点眼したところ、涙の量が増加した。研究チームはオキシトシンの分泌が上昇したことで涙の量が増えた可能性があるとしている。

さらに、人工涙液を点眼した犬と、点眼する前の犬の写真を人間に見せると、点眼した犬の方にポジティブな印象を持つことが分かった。

研究チームは論文で、感情の高まりにともなって涙の量が増えることで、犬は人間から保護行動や養育行動を引き起こしていたと指摘。人間との共生の歴史で有利に働いた可能性を示唆した。

会員限定記事会員サービス詳細